今からできる ひとり暮らしの火災対策

今や異常気象などによる天災や火災で、いつ・どこで被災してもおかしく世の中ですよね。
普段からの意識やちょっとした工夫が、そんなもしもの時に役立つのです。
こちらの動画を参考に、ご自宅の火災対策など見直してみては如何でしょうか。

まずは家電などのコンセントが、過剰なタコ足配線など無理な配線になっている場合、熱や埃などで発火の原因となるので注意が必要です。
家電の電源数よりコンセントの数が少ないときには、スイッチ式の延長ケーブルで解決しましょう。電源周りはスッキリし、使用していない電源をOFFにしておけば消費電力も抑えられて便利です。
次に火のもとの確認、特に料理で油を使う時は火の管理に注意しましょう。天ぷら油は加熱を続けることで、口火がなくでも発火しまので、たとえ直ぐに戻る場合でも火を止めてから離れるようにしましょう。またコンロの周りに、燃えやすいものを置かないことも大切ですね。
それからLEDが普及し使用頻度が減っている白熱電球は、濡れた洗濯物や長時間カーテンに触れている場合、60ワット程度でも火災の原因になります。
間接照明はカバーをし、電球がものに直接触れないようにして使用することが大事です。

玄関前やベランダに可燃物があると放火や飛び火で火事になってしまうので、人目につくところにはものを置かずスッキリした状態を心がけましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る