新手の犯罪 歩きスマホ当たり屋の手口と対策

今や携帯・スマホは日常生活において、欠かすことのできない必須アイテムです。
電車やバスなどの移動中の暇つぶしに、ゲームやアプリなどに夢中になり画面に集中している方をよく目にしますよね。それに伴い、移動中のスマホ操作を原因とする事故などもニュースとして取り上げられるようになりました。
またそんなところに目を付けた輩が現れ、「歩きスマホ当たり屋」という犯罪まで発生するようになってしみました。動画では、その手口、そして対策方法を紹介しています。

街中である日スマホをしている人に向かって故意にぶつかり転倒、壊れたスマホを見せて修理代を要求するのが手口です。もともと壊れていたスマホを見せられても、被害者は歩きスマホをしていたため気づくことができません。また歩きスマホをしていたという後ろめたさ、突然の状況に困惑してしまい、要求を安易に受け入れてしまうことが被害が増えている要因となっています。さらに警察への通報も想定内とする当たり屋もいるので、注意が必要なのです。

万が一このような言いがかりを受けてしまった場合、その場での直接交渉は避け、連絡先を聞いて弁護士を通して今後は対処するようにしましょう。
当たり屋(詐欺師)に対して、自分が面倒な人だと思わせることが大事になります。

そもそも歩きスマホ自体マナー違反であり、そういった行為を行わないことが最大の防御策であることを忘れてはいけません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る