屋外 暗視 赤外線防犯カメラ

フラッシュライトは威嚇のために昼夜フラッシングをしています。フラッシングはしゅんかんはっこうですので、映像には栄養がなく使用していくことができます。夜間の赤外線照射は別途で点灯させることができます。

ルーフにより夏の強い日差しによる熱暴走や、風雨からカメラをまもりますので、雨の天候等でも使用していくことができます。

カメラが周囲の明るさを判別し、周囲が一定明るさになりますと児童低にカメラ映像をモノクロに切り替えて、感度アップを図る機能となります。
日中などの明るい環境では服装等の特徴が判別しやすいカラー映像で撮影され、夜間などの暗視下では感度が良くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る